【金沢旅行記】移動編

ども、サラリーマン86です。

 

このお盆休みは、ある程度纏めて休めたので、

果敢に車で田舎に帰省してみました。

 

私、育ちも現住地も首都圏ですが、

ルーツを石川県は金沢に持っております。

北陸新幹線が開通してからというもの、

新幹線での帰省が便利過ぎたのですが、

今回は敢えて車での帰省を選びました。 

 

過去、電車・飛行機・深夜バスを利用しましたが、

自ら自家用車を運転してというのは

はじめての体験であります。

 

それでは早速、ルートと所用時間を見てみましょう。

 

【大宮近郊〜金沢(ルート・時間)】

8/14(月)6:00出発、13:15着(1:30程休暇あり)

ルート: 圏央道〜関越〜上信越北陸自動車道

 

途中2回ほど休憩を取りましたが、

大宮近郊から金沢駅周辺まで総運転時間は

5時間強といったところでしょうか。

 

暦上は平日となった月曜日に出発しましたが、

渋滞もほとんど無く、快適な車旅となりました。

Uターンラッシュなんて話もありましたが、

   見る限り逆の道路もそこまで混んでいませんでした。

   関越道は渋滞がそれなりにあるイメージですが、

   北陸方面はそれほどでもないのかもしれません。

   そういう意味では、ラッシュと謳われる日取りでも

   車もありかもしれません。)

 

さて、費用面を見てみましょう。

 

【大宮〜金沢(費用)】 

高速代:約20,000¥

ガソリン代:約8,000¥

 

 

大宮〜金沢の新幹線は、

えきねっと購入で大人1人あたり片道12,220¥

大人2人往復で48,880¥となります。

 

したがって、おおよそ20,000¥の節約となった

感覚でしょうか。

 

細かい話では、現地でのコインパーキング料なども

ありますが、現地でのタクシー代わりに車を使用できる他

荷物を宅配する必要もない等、

車の方が更なる金銭メリットがあるかと思います。

 

また、そもそも子供の新幹線料金を省きましたが、

席を取らずに無料で乗れるとは言え、未就学児2人いる場合は

2席で大人2人+未就学児2人とかなりキツいです。

ベビーカーなんかも持ち運びが大変ですしね。

 

そんなわけで2万円プラスαの効果があったということです。

 

これが、わざわざ運転の労力・リスクを費やした対価として

十分かどうかは人それぞれかと思いますが、

人数が増えればより効果を高めますし

検討の余地は大いにあるのではないでしょうか。

 

今回はいい経験となったので、

また次回の帰省の際にどのような手段を取るか

考えてみようと思います。